名作「アークザラッド」シリーズをちょっと語っても良い?【懐古おじさんの独り言】

SPONSORED LINK

ゲームの名作を、思い出とゲームの紹介を織り交ぜて書いていきます。

今回は「アークザラッド」シリーズです。

ちなみに私は、1、2、モンスターゲーム、3しかやっておらず

特に、アークシリーズの中でも傑作と言われてる「アークザラッド2」をメインに話を進めていこうと思います。

ネタバレ要素もありますのでご了承下さい。


初めての出会い


今からもう20年以上も前の話になりますね。

当時は、リアルタイムでプレイはしていなくて、他のゲームを色々とやっていました。

昔、TVでPS(プレイステーション)のCMが頻繁にやっており、タイトルだけはよく知ってる作品な印象でした。

youtu.be

転載元:PSゲーム CMコレクション『アーク・ザ・ラッド』4連発 - YouTube

そして、アーク1が発売されてから、1年近くたってアーク2が発売されたんですよね。

当時、小学校の友達が、ちょうどアークザラッド2をプレイしてまして、友達はアーク1を持っていた事もあり

「2やってるなら、1を貸してよ?」と言って

貸してもらったのが、私とアークザラッドとの出会いになります。


正直、「アークザラッド1」は好きじゃなかった


当初、アーク1を貸してもらってプレイしてたのですが、正直そこまで好きではなかった。

アーク1を最後までプレイ済みの方ならご存知かと思いますが

全体的なボリュームは少なめで

しかも、アーク1の最後は「次回へ続く!」って感じで、凄く中途半端な印象だった訳ですよ。

あとはゲームの内容、特にシステム周りは王道のシュミレーションRPGって印象しか無く、特にひねりがある訳でもなく、何か地味だなぁ・・・って印象なゲームでした。

画質もSFC(スーパーファミコン)と変わらない位かなって感じで

この頃のゲームには、ポリゴンや3Dがやっと普及してきた時代もあり、何だか少し、古臭いゲームだなって感じでした。

f:id:gorakuseikatsu:20180918030752p:plain

ただ自分には、世界観やキャラクター達は何か好みに合っていたんでしょうね。

中世的なファンタジー系かな?なんてプレイしたら、近代的な技術や機械が登場して、それがまた上手く噛み合ってたり。

そして、アーク1で何よりも印象に残ってるのがBGM。そうゲーム中の音楽です。

地味な印象のゲームなのに、場面場面で流れるBGMがあまりにも良いもんだから物語の内容とか不思議と鮮明に覚えてるですよ。

音楽と場面が結びついてしまって、音楽を聞くだけで「あの場面」で「誰々」が「こう」だったみたいな、連想ゲームみたいな感じです。

そして、友達からアーク2をやる前に「アイテムもイベントも全部回収しとけ!」

「あと、メモリーカードのデータも絶対取っておけよ!」って

アーク1をやり込んどけよ的な念を押されてたのを理由に、2を貸してもらうまでは黙々とプレイしてたのを覚えてます。

そして、友達のアドバイスが、次回作のアークザラッド2の面白さをより引き立て、アークザラッドの印象を変えるきっかけと繋がる訳です。



全てを変えた。「アークザラッド2」


友達がアーク2をクリアして「スゲーよ!スゲーよ!これ!」的な事を言って、アークザラッド2を貸しに来てくれたのを覚えてます。

アーク1の印象もあってか、内心(そんなにか・・・?)って疑心と期待の気持ちでパッケージを見ると

f:id:gorakuseikatsu:20180918033816j:plain

1の主人公「アーク」以外に知らない人物がパッケージを飾っており

不思議に思いながらもゲームを始めた訳です。

youtu.be

転載元:Arc The Lad 2 Opening PS1 - YouTube

アーク1のOPムービーも同じテーマ曲だったのに

何か、ワクワク感が全然違う事に驚いてましたね。

最初から最後まで見どころ満載の「ストーリー」

ゲーム開始から、全く見覚えもない場所とキャラクターから話が始まります。

f:id:gorakuseikatsu:20180918040112p:plain

そして、1では姿どころか全く名前すら挙がってもいない、全く知らないキャラクター「エルク」を操作する事に。

品行方正、王道なイメージが強い1の主人公「アーク」から

f:id:gorakuseikatsu:20180919045221p:plain

対照的で、口が悪く、攻撃的な印象の「エルク」に変わって

f:id:gorakuseikatsu:20180919044834j:plain

戸惑いを隠せないまま、ゲームを進める事に。

しかし、序盤からアーク2は熱い!

f:id:gorakuseikatsu:20180918040804p:plain

2のヒロインでもある「リーザ」を救い出すシーンで、BGMの効果も相まってテンションが最高潮に!

しかも無茶苦茶、物語のテンポが序盤から良い!

その後は、アーク1の微妙なイメージは何処へやら・・・。

トラウマを植え付けた序盤「白い家」


序盤の「白い家」編は、本当に「」のてんこ盛り。

序盤の物語の山場である施設「白い家」で起きてる全貌と

エルクとミリルの出会いと別れには、多くのプレイヤーに悲しみと怒りを与えたのではないでしょうか?

f:id:gorakuseikatsu:20180919041443p:plain

人体実験の生んだ闇」「想い人の死別」「エルクは生死をさまよう

そんな鬱の連続から一変、2では世間から極悪人&お尋ね者扱い(1で国王暗殺の容疑をなすりつけられて)

それまでずっと物語の序盤では登場しなかった

1の主人公「アーク」とその仲間たちが颯爽と現れ

主人公が「エルク」から「アーク」に一時的にバトンタッチ。

それだけも熱い展開なのに、中盤は仲間全員にしっかりとフォーカスを当てて物語が進行するんです。

「仲間」全員が活躍する中盤


プレイヤーの私としては、懐かしい面々と出会ったのも束の間

2で登場した仲間たちはアーク達の目的と行動をの事実を知らされて

エルクの為に立ち上がる者、エルクのそばで見守る者と別れ

f:id:gorakuseikatsu:20180919051608p:plain

そんな中、また仲間が事故原因で各地に流れ着きバラバラになり

各地で2で登場する新たな仲間、1での懐かしい仲間達と出会う訳ですが

ここでの内容も実にしっかりと作られてるのがアークザラッド2。

個人的に、特に1から続投「トッシュ」と2で登場した「シュウ」の2人のストーリー展開が好きです。

f:id:gorakuseikatsu:20180919052243p:plain

侍と忍者をモチーフにした2人の見た目、実は対照的に見えても、内に秘めた性格は激情的なコンビって所が良い。

そして、大きな浮き沈みを何度も繰り返しながら、中盤の物語は進み

バラバラな所にいた仲間達が、徐々に1つに集まっていく展開が凄く好きでした。

記憶に根強く残る。「呆然」とした終盤とラスト


終盤では仲間がズラーッと勢揃いして

f:id:gorakuseikatsu:20180919065318p:plain

北極と南極の塔を、パーティを2つに分けて攻略していく場面が

終盤では何か好きだったりしてます。

そして、ラストステージ「ロマリアの空中城」に突入して

仲間たち一人ひとりが、もう一度、自分の辛い過去の幻覚を見せられて

それと向き合い乗り越えてく戦闘イベントも非常に印象深いです。

f:id:gorakuseikatsu:20180919070548p:plain

ただし、全くレベルを上げてない仲間がいて、1人だけで挑むからメッチャ苦戦した記憶がありましたけどね。

そしてラスボスまで進むと更に怒涛の展開。

ラスボスに1のヒロイン「ククル」1人で挑み戦う事に

何とか倒したかと思いきや、逆にククルがラスボスに取り込まれ事実上の死亡。

f:id:gorakuseikatsu:20180919071201p:plain

あと、ゲームでもラスボスは大体、形態変化などを持っているはデフォルトな感じですが

このアーク2のラスボスの第二形態こと最終形態、めっちゃ苦戦して強かった記憶があるんですよ。

f:id:gorakuseikatsu:20180919072244p:plain

今ならネットや攻略サイトで情報集めれば簡単に勝てるのですが

そんな便利なものがない時代でプレイしてたものですから

いわゆる正攻法で戦ったので本当に辛い!HPが今までの相手と比べ物にならないくらい高い!

子供ながらに無い知恵を絞って、何時間もかけて倒した記憶があります。

そして、死闘を乗り越え無事にエンディングを迎える訳ですが

このエンディングの内容が、アークザラッド2のゲームの印象を決定づけた要素の1つだと思ってます。

残り全ての力を使い、世界もろとも破滅へ導こうとするラスボス。

ラスボスを封じる為に、アークはこの世界にいる精霊達と自分の肉体を犠牲に封じる訳ですが

それでも最悪の結果を完全には防ぎきれなかったのです。

ロマリアの巨大な空中城が落下し、各地では自然災害が起きて(3にて後に大災害と呼ばれる)

f:id:gorakuseikatsu:20180919075505p:plain

特に、大津波によって沢山の人が浮かんでる。この場面だけは鮮明に覚えています。

精霊の加護もなくなり、仲間の中心人物だったアークもいなくなり

生き残ったエルク達は只々、呆然とする事しかできない状態でした。

f:id:gorakuseikatsu:20180919074028p:plain

このエルクのセリフは、ここまでプレイしてきた自分も全く同じ気持ちでした。

しかし、魂となった姿でアークとククルが現れるんです。

f:id:gorakuseikatsu:20180919074904p:plain

魂だけになっても何とか最後の力を振り絞って、生き残ったが絶望の淵に立たされた人達。

そんな世界に「」を与えにいくアークとククル。

数少ない生き残った人達や、エルク達に希望を託すんですよね。

数あるRPGの中でも、このラストには驚きと戸惑いを覚えた人は多いのではないでしょうか?

分かりやすいハッピーエンドなんてものではなく、思春期半ばの子供の私には何とも重たい最後に感じましたね。

このゲーム最初から最後まで、仲間たち一人ひとりが持つ過去、そして人の死という表現がとにかく重たいんです。

でも、ただ気持ちが暗くなる内容かと言えばそうでは無いんです。

生きてる限り何とでもなる

そういったメッセージをゲームのエンディングを見た後に、当時の自分は受け取った感じがしました。

正直、こういった言葉は綺麗事でもあるけど、その反面紛れもない事実部分でもあると大人になった自分は感じます。

このゲームが今も評価されてる理由は、個人差はありますが、何か色々とそういったメッセージを受け取った方が多いからかも知れませんね。

やりこみ要素も満載だった「システム」


物語も出来も素晴らしいのですが

システム周りも、1から比べて一気に出来る事が増えてましたね。

当時のPSならでは出来る事を、最大限に活かしていたような気がします。

その、システム面を挙げていこうと思います。

「コンバートシステム」が画期的


まず、アークザラッド1やっている人には、得をする部分が多いシステムが盛り込まれてまして

それが「コンバートシステム」でした。

何それ?って思う若い方もいるでしょうが

当時、PSには専用の「メモリーカード」なるものがあって、それにセーブデータを保存してたんですよ。

分かりやすく言えばUSBメモリーみたいなものと思えばいいです。

それで1をプレイしてると、やり込み具合にもよるんですが、1でのアイテムやらレベルをほぼ引き継げる訳です。だから2を始める時は有利な事が多いんですよ。

まずその筆頭に、「ロマンシングストーン」なるチートクラスのアクセサリーが手に入る訳です。

効果も消費MP0で特殊能力を使用。要は必殺技を使い放題って事です。

これがあるか無いかだけで、もゲームバランスがガラリと変わりましたね。

あとは、「ちょこ」って言う、ちょっと隠しキャラ的な存在の仲間がいるんですけど

f:id:gorakuseikatsu:20180919111218p:plain

1でちょこ関連のイベントを回収してコンバートしてると

2でちょこ関連のイベントが見られて、それを進めていくと「かくせい」というコマンドが追加されて、とんでもない強さを持つキャラに化けるんですよね。

普段のちょこは、子供っぽい子供を絵に描いたような人物なんですけど、変身後は見た目も天使のような羽が生え、美人お姉さんキャラに変身しました。

無類の強さを持つ彼女だったので、自分はいつもスタメンに入れてましたね。

黙々とやってしまう「ギルドシステム」


物語にハンターという設定が追加された事で、それを活かす為にギルドという施設が各地にあります。

ギルド内で様々な依頼を募集してて、それをこなすとギルドポイントが貰えて、ハンターのランクが上がっていくんです。

流石に、今のゲーム(ウィッチャー3、etc.)と比べるとチープに感じるサブイベント的な内容ですが、何か黙々とやっちゃうんですよ。

f:id:gorakuseikatsu:20180919102021p:plain

ギルドには手配モンスターがいてそれをハントしたり。

簡単でササッと終わる内容もあれば、ちゃんと内容がギッシリとあるイベントまで結構な量がありました。

装備やら報酬を目当てに、いつの間にか、全部の依頼を達成してたりしてましたね。

あと、「ヂークベック」というポンコツ優秀なロボを仲間に出来るのですが

f:id:gorakuseikatsu:20180919103349p:plain

このヂークベック、ロボなんですが、どこから抜けており愛嬌があって可愛いです。

そして、他のキャラとはちょっと違う性能をしており、レベルアップって概念がないんですよ。

しかし、経験値を入手する事は可能で、溜まった経験値を他のキャラクターに分ける事が出来る。一風変わった性能をしていました。

なので、パワーユニットってパーツをいくつか装備する事でステータスが上昇するキャラなので

ギルドの依頼の中に、このヂークベックのパーツにも関わってくるので結構重要だったりしましたね。

このギルドとパーツ集めなどによって、1では考えられない位に行動範囲が広がった印象があります。

どの仲間で戦うか悩む「編成」


1と大きく変化した部分で仲間の豊富さがありましたね。

1でも数名いる仲間の中から出撃メンバーを5人(または匹)選んで戦うのですが

2ではその数が、メインキャラで20人近くもいるのに

仲間の「リーザ」が敵モンスターを捕獲できる「ラヴィッシュ」という技を所持していて

その数なんと200種類、近くにもなります!

やろうと思えばモンスターの編成縛りで挑む事だって出来るし

楽しみ方は無限大に広がった感じはありました。

といっても私の編成は

トッシュ(火力お化け)

f:id:gorakuseikatsu:20180919124028p:plain

エルク(オールラウンダー)

f:id:gorakuseikatsu:20180919124113p:plain

アーク(回復・補助勇者)

f:id:gorakuseikatsu:20180919123857p:plain

グルカ(火力お化け2号)

f:id:gorakuseikatsu:20180919124234p:plain

ちょこ(覚醒無双)

f:id:gorakuseikatsu:20180919124326p:plain

大体、この五人が固定メンバーでしたね。

しかし、仲間に出来るモンスターの豊富さと育成要素からスピンオフ作品。

アークザラッド モンスターゲーム」なんて作品も出ました。

ただの派生作品と思うなかれ、このゲーム非常によく出来てまして、対戦ゲームとしてもかなり楽しめる。

友達の、モンスターゲームのセーブデータを持ち込みあって、自分の育てたモンスターと戦わせたり出来たんです。

仲間のモンスターは基本的にオートで動くので、仲間の編成には試行錯誤しながら挑んでいました。

もちろんソロでもやり込み要素が満載で、正直こっちばっかりやっている時間の方が長かった気もします。

しかも、モンスターゲーム内の貴重な景品を、アークザラッド2にコンバート出来るので、やり込みには欠かせないゲームでした。

「豊富な武器種と鍛冶・合成」が幅を広げた


このゲームまだまだ豊富な所が多くて武器が多いです。

武器:剣、斧、フレイル、短剣、槍、棒、杖、パンチ、キック、シンバル、鞭、マシンガン(銃1)、ショットガン(銃2)、カード、パッド、ファング、マスク、鎌、数珠
引用元:アークザラッドII - Wikipedia

これだけみても装備の種類多いでしょう。

しかも、キャラクターごとに、装備出来る種類が何種類かあり

武器もそれぞれ攻撃出来る間合いが違うので、キャラのカスタマイズと編成が更に捗りました。

しかも先程、書いたモンスター達にも装備できるって言うね。

ただ、これで終わらないのがアークザラッド2。

気に入った武器を鍛え上げ、単純にレベルアップして攻撃力・防御力を上昇。

特殊効果付与させるなど、個々のプレイングで自分だけのキャラクターと装備が出来上がる感じが、非常に楽しかった思い出。

合成じゃないと手に入らない装備(コンバート要素)も沢山あって、コレクター気質な自分にはたまらなかったですね。

キャッチコピー「光と音のRPG」


記事を書いてる途中で、何で光と音のRPGなんてキャッチコピーの意味って何だろと考えていて。

自分の勝手な解釈ですが

最初の方に言ったストーリーの方で、鬱っぽい内容も多いと言いましたが

ちゃんとその先に、光が差す展開が物語の中に何度もあった気がするんです。

そして音は、どのゲームでも言える事なんですが、場面場面にあった雰囲気の音楽を取り入れてる事なんですよね。

映像と音楽は密接な繋がりがあると思っていて、音楽を聞けばどのシーンだ!

逆に、映像を見てあの音楽が流れたシーンだ!と連想して記憶に残る作りになってるんですね。

再生ボタンを押す際は、大音量で流れる事があります。あらかじめ、お手持ちのデバイスの方で音量設定をして下さい。

アークザラッドのテーマ

アークザラッドのテーマ

  • 安藤まさひろ
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes


テーマ曲を聞くだけで、プレイ済みの方ならブワーッと色々な場面を思い出す方が多いのでは無いでしょうか?

光=映像(物語)、音=音楽(BGM)と言うのが私の独自の解釈です。

このアークザラッド2は、PS1で、当時のゲーム業界の舵を取っていくぞ!という新時代を予感させる作品でした。



評価が分かれた「アークザラッド3」


本来は2で終わらせるはずだったアークシリーズのようですが。

あまりの人気と評価から、急遽、作る事になったアークザラッド3。

f:id:gorakuseikatsu:20180922032602j:plain

大災害から3年経った世界で、新たな若き主人公達と、少し大人になった過去作のキャラクター達が再登場。

復興をしていく人達の世界の物語と、設定がすでに面白さを感じましたね。

2をすでにプレイしていた私も期待に胸を膨らませたものです。

しかし、やはりと言うか、シリーズ作品では良くある結果を生んでしまったのです。

過去作があまりにも名作な評価を得た事もあり、3の評価は大きく分かれる事となりました。

多分、世間と私を含めた感想を簡単にまとめて挙げると

扱えるキャラクターが少ない(7人、過去作からの3人)
物語が明るく、全体が軽く見えてしまう(後半の内容は賛否両論)
システム面でのやり込み要素が薄い(前作の良い所を削りすぎた)

どうしても1、2と比較されてしまわれた為に、駄作や扱いを受け、特に過去作への思い入れが強いファンを怒らせる内容になってしまいました。

確かに、自分もプレイして感じたのは全体的に軽いなといった印象でしたね。

ただ、この軽いって感じは悪いだけって印象だけではありません。

アークシリーズを全く知らない、シュミレーションRPGは初めてとか馴れてない人にはオススメ出来る内容ではあるんです。

難易度は、2に比べれば楽だしサクサク進みやすいし、システムでも快適な部分もある。

要所要所を見ていけば、良い所もちゃんとある作品で

3からの主要キャラクターは少ないですが、ちゃんとキャラクター像を掘り下げてる部分ありますし

過去作のキャラクターが少し成長した姿で、また出会えるので素直に嬉しいです。

エルク・シュウ・トッシュはまた一時的に参加して使用できるし、この辺は素直に評価できる部分では無いでしょうか?

あとは個人的に、3で登場したシェリルが可愛いので満足してます。

f:id:gorakuseikatsu:20180919135509p:plain

音楽も全体的にインパクトは薄いですが、1.2で引き続き「安藤まさひろ」さんが手がけていて、悪くはないです。

続編としてみれば期待値を上回らず、単品でみればそこそこな良作かなって個人的には思ってます。

あと、「マーシア」ちゃんにロマンシングストーン装備して、呪文「ギガ・プラズマ」無双は誰もが通る道。

f:id:gorakuseikatsu:20180919140613p:plain

どんな強敵であろうが、これさえあれば何とでもなるアークザラッド3でした。


アークザラッドシリーズ「終焉」


正直そこから先は、私もプレイしていないので分かりません。

ただそこからは3作品、CSと携帯機で発売していたようですね。

(2002年)アークザラッド 機神復活(WSC/SC)
f:id:gorakuseikatsu:20180919143351j:plain


(2003年)アークザラッド 精霊の黄昏(PS2)
f:id:gorakuseikatsu:20180919143505j:plain


(2004年)アークザラッドジェネレーション(PS2・オンライン対応)
f:id:gorakuseikatsu:20180919143602j:plain


しかし、シリーズを継続していましたが

2004年に発売した「アークザラッドジェネレーション」を最後、アークシリーズは静かに幕を下ろす事になります。

時代の流れか、内容の出来だったのか、アークシリーズ以外の人気シリーズ作品も

作品のネームバリューでは制作・販売を続けられる状況では無くなってきてた感じもありましたね。


14年ぶりの復活!「アークザラッドR」


アークザラッドの名前を聞かなくなって14年

2018年に、まさかのソーシャルゲームとして新たに復活!

これには驚きましたね。名前も「アークザラッドR」です。

f:id:gorakuseikatsu:20180922012657p:plain

ただ正直、自分は遂にアークもソシャゲ化と聞いた時は、少し肩を落としたのも事実です。

コンシューマーで正直プレイしたいのは山々ですが、今のゲーム業界の事情などを考えると、そうは行かないのが実状でしょう。

しかし、色々調べていくとアーク1、2を制作したスッタフの方々が集まってると聞いたので、一応プレイしました。

内容は、2から10年後がテーマになっていて、新たな主人公達が、過去のキャラクター達と出会って物語が進行していく感じで、物語も過去アーク1、2に登場する人物が出てきてファンとしては嬉しい所。

f:id:gorakuseikatsu:20180922013619p:plain

ゲーム性も、過去のアークシリーズのシュミレーションRPGを、今風に少しアレンジされた感じなので取っ付き易い感じでしたね。

というより、ほぼアーク1、2とさほど大差がない感じです。

f:id:gorakuseikatsu:20180922014744p:plain

キャラクターデザインも、何か「ブレイブリーデフォルト」近い感じで、個人的には好きな方です。

ただ少しどの顔も似たような感じがして、個性が薄い感じがします。

f:id:gorakuseikatsu:20180922013035p:plain

あとは、アークファンの人からすると声優のさん変更は結構、寂しいかも知れませんね。

プレイしていけば馴れていくのでしょうが、2の主人公エルクなんかは、声優の「折笠 愛」さんの印象が強すぎたのもあってかな?

アーク1、2はPS初期にしては、戦闘時の豊富なボイスが魅力でもあって、この辺は古参のファンの方々で評価は分かれそうですね。

ただ、個人的に高評価できる所が、BGMがどこかで聞いたアレンジが多かったり、ほぼ原曲なものが多いので音楽の面ではかなり良いです。

相次ぐ、過去の人気タイトルがソシャゲ化し、その末路を知っているとソシャゲ化にはガッカリしる人もいるでしょう。

しかし、アークシリーズを知らない、若い層や、新規の方にも知ってもらう機会としては良い事なのかも知れません。

今作のアークRは、特にストーリーに力を入れてるとの事なので、サービスが途中で終了になって中途半端な形で物語が終了となってほしくは無いですね。

現在、群雄割拠のソシャゲ時代に、アークシリーズとしてアークザラッドRは、「正史の歴史」として刻まれるか、「黒歴史」となって埋もれてしまうかどうかは、今後の展開に期待するしかありませんね。


アークザラッド R

アークザラッド R

ForwardWorks Corporation無料posted withアプリーチ



最後に

長めになってしまった独り言でございますが、いかかだったでしょか?

読んでくれた人の中には、もっと別の視点の捉え方や、思い出などが沢山あると思います。

キャラクターが豊富で、このキャラクターの技が好きだったとか、こんな変わったプレイしてたなど

今でも、幅広い楽しみ方ができるゲームだと書いて再度、実感しました。

特に、アークザラッド1と2は「アークザラッド1があっての2、アークザラッド2があっての1」だと思います。

今のゲームと比べるとグラフィックや、UI(ユーザーインターフェース)の部分で不便な所が目立つかと思いますが、興味があればプレイして欲しい作品です。

特に、音楽は必聴の価値ありだと思ってます。

以上、懐古なおじさんの独り言でした。


アークザラッド サウンドトラック コンプリート

アークザラッド サウンドトラック コンプリート

  • Sony Interactive Entertainment Inc.
  • サウンドトラック
  • ¥2100